8月   

 4日(火) すいか割り  子どもたちが楽しみにしていた「スイカ割り」。応援グッズを作り、うれしそうに参加できました。未満児クラスの子どもたちは、何が始まるんだろうとドキドキが伝わってきましたが、スイカを叩く棒を持って、「ポコン」とかわいく叩くことができました。年少組、年中組はスイカの形のメガネをつけて、目をかくして叩きました。年長組は、直接手ぬぐいで目をかくして、力強く叩くことができました。幼児組は、友たちが「もっと前!」「ちょっと右だよ」と教え合いながら盛り上がっていました。スイカの割れ目から、赤いスイカが見えると大歓声。割った後は、おいしく食べました。
   
 25日(火) 誕生会 8月の誕生児は18名でした。ひまわり組から順番に紹介した後、アニメのミニオンをテーマにしたカードをもらい、「かわいい!」と子どもたちは大喜びでした。次に、8月生まれの保育士を当てるゲームをしました。頭からシーツをかぶった保育士の手や目のシーツを切り抜けて、少しずつ見せていく、というもので、姿が見えてくると「○○先生だ!」と子どもたちも嬉しそうに答えていました。最後に絵本の「しろくまくん」を元にした劇を見ました。「くろくまくん」が自分のパンツを探しに行くとたくさんのパンツが落ちています。でも、それは稲田保育園の先生たちのもので・・・。実は「くろくまくん」は、黒いパンツをはいていたので、気付いていなかった!というおもしろいお話で、みんな大笑いしながら楽しく見ていました。